ハーフとしてドイツに生きるって、どんな感じ?と息子に聞いてみたら、こんな返事が返って来た

前回の記事、海外在住日本人が海外絶賛か日本絶賛に二極化しやすい理由では、海外に住む日本人が日本的な価値観と住んでいる国の価値観との間で揺れ動いていることが多いということについて書きました。とても多くの方に読んで頂き、関心が高いテーマなのだなあと思いました。

前回の記事はモノカルチャーで育った日本人が外国で暮らす場合についてでしたが、日本と外国の両方の価値観の中で育つハーフ(ダブル)の人たちはどんなことを感じながら日々を送っているものなのだろうかとも考えます。たまたま、この週末、息子が帰省したので、息子に聞いてみました。その内容をシェアします。(長文)

まず、息子について簡単に説明します。

ドイツ生まれ、ドイツ育ちの日独ハーフ。バイリンガル。21歳の大学生。一時、家族で埼玉県で暮らしたとき、小学校1年〜4年まで日本の公立小学校に通った。ドイツ帰国後は日本人がまわりに一人もいない環境にどっぷり浸かって成長したが、思春期以降、自分が日本人であることも意識し、マンガやアニメなどを楽しみ、学業の傍ら翻訳の仕事をしている。そのうち日本へ帰ってしばらく生活してみたい。(写真は小学生の頃のもの。春巻きを巻いているところ)

 

日本とドイツの違いについて考えるようになったのって、いつ頃からだった?

うーん、そうだなあ。小さい頃のことはよく覚えてないんだよね。

日本に引越して日本の学校に入ったとき、何か変だなあって感じたりはした?

それもあんまり覚えてなくて、あ、違うってはっきり意識したのはドイツに帰って来て、ドイツの学校に転入したときだよね。

何が違うって思った?

まず、人に対するアプローチの仕方だよね。僕が転校して来たとき、前日に担任の先生がクラスのみんなに「明日から転校生が来ますが、しばらく日本に住んでいたのでドイツ語のハンデがあるけど、仲良くしてあげてね」と言っていたらしいんだよね。それは後から人に聞いたんだけど。で、僕が実際に来たら、みんな「なんだ、意外と普通にドイツ語できるんじゃん」と思ったらしくて、すぐにあれしようぜ、これしようぜ、って普通に友達みたいに接してくれて、もうその日のうちに、今日、放課後うちに遊びに来いよ!と誘ってくれたヤツもいたし、なんかもう一瞬で友達の輪に入れたんだよ。あれはちょっとびっくりして、これが日本だったら同じようになっていたかなあって思った。

なるほど。日本だったら、最初はもうちょっと距離を置かれる?

そうだね、、、そんな気がした。まあ、たまたまそういう雰囲気の学校だったのかもしれないけど。あと、違うと言えば、登校だよね。日本の学校では登校班でみんなで登校。毎日決まった時間、決まった場所にみんなが集まって一緒に学校まで歩いて行ってた。ああいうのはドイツにはなくて、みんなそれぞれだし、自転車に乗って小学校に来る子もいるし、一輪車で来てるヤツもいたなあ。びっくりした。

私も一輪車はびっくりしたわ。それで、それはすんなり受け入れたんだよね?

もちろん、すぐに慣れた。でも、それについてかなり考えたよ。なぜそもそも日本には登校班があるのかって。そして、どっちのやり方がいいのかとか。

どっちがいいと思ったの?

そのときに出した結論は、その点では日本式がいいのかなと。その方が安全だから、その方がいいんじゃないかと。あと、ドイツではそれでなくてもみんな好き勝手だから、そのくらいのルールを設けてもいいんじゃないかとか。

それで、自分はハーフなんだということを意識するようになったのは、ギムナジウム(中高)に入ってからだったのかな?

うん、ギムナジウムのときにはよくそういうことを考えてたね。

自分は半分日本人だから、ドイツ人のみんなと違うとか思った?

うーん、それはちょっと違うかな。自分は日本人で、日本に住んだことがあって、そこで普通のドイツ人は知らない物事のやり方や発想を知ったから、その分選択肢が増えたよね。で、何をする場合でも、どちらのやり方や考え方を採用するのかを選択しなくちゃならない。何が自分にとってより良いのか。それでよく迷うようになった。でも、自分は日本人だからドイツのみんなと違うと感じたかというと、そうじゃない気がするな。普通のドイツ人だって、一人一人みんな違うわけだから、自分だけが特別違うとは別に感じてないね。

その、二つの選択肢の間で悩むっていうのは、具体的にはどんなこと?

たとえば、ドイツ人って、一般的に言い方がキツいっていうか、思ったことをストレートに言うでしょ。日本人はそうじゃないよね。日本人は常に相手の気持ちを想像しながら話す。相手を傷つけないように。ドイツ人の多くはそこまで気にしないんだよね。それで、自分はどういう話し方をしたいか、するべきかと考えたり、、、、。

キミはわりと日本式に話す方なんじゃない?

うん、僕はそうしたいと思うから、ドイツ人とドイツ語で話すときにも、相手の気持ちを想像しながら話してるんだ。それについて、ドイツ人の友達に説明したことがあるんだよね。日本人は議論は苦手だけど、人の気持ちを察するのが得意なんだよって。

そうしたら、どんな反応だった?

「へー、そうなんだ。でも、なんで察する必要があるんだ?どう思ってるか、本人に聞けばいいことじゃないか」って不思議がってたね。あまり理解されない。

で、日本的な話し方をすることで、ドイツでは不都合が生じるようなことはあるの?

不都合というのはないかな。まあ、僕の話し方をちょっと回りくどいとか、ソフト過ぎるとか感じてる人はいるかもしれないけど、ドイツ人だって、キツい言い方をされて特別嬉しいわけじゃないだろうし、中には傷つきやすいタイプだっているから、やんわりと話すことでコミュニケーションがうまく行くことの方が多いよ。ただ、こっちがやんわりと話しても、相手がそれに合わせてくれるわけではないことがやっぱり多くて、そっちも少しは気を使ってくれよと思うことはあるな。

相手に気を使い過ぎると、ドイツでは損したりしない?利用されやすいっていうかさ。

うーん、自分ではそうは思っていないんだよね。そうしたくてしてるわけだから。でも、他人にそう指摘されたことはあるね。そんなに優しいと利用されるよとか、そこまで相手のことを考えてあげる必要はないんじゃないの?とか。

周囲から、「コイツの言ってること、わけわからん。やっぱり半分日本人だからな」と思われてると感じる?

いや、それはない。(きっぱり)

ない?

僕のことを変わっていると思う人はいるだろうけれど、「日本人だから変わってる」とは思っていないだろうね。人はそれぞれ違う。コイツが変わっているのは、ただそういうタイプのヤツだからって、それだけだね。ナニ人とかで人を分類する考えは、あんまりないよね、ドイツ人には

そうかもね。じゃ、みんなキミが半分日本人だということはそんなに意識していない?

してないと思うよ。もちろん、僕が半分日本人なのは、親しい人はみんな知ってるけど、それがどうしたって感じで、そこに特別な意味は誰も見出していないんじゃないかな。僕は普通にドイツ人だし、みんなにもそう思われている

ってことは、キミは自分がハーフだから迷うとかじゃなくて、選択肢が多いから悩むことがあるってことなんだね?

そういうこと。そして、これとあれのどっちが正しいかってことじゃなくて、どちらの考え方が自分により合っているだろうかと考えて迷うってことなんだよ。でも、それは面白いことでもある。ドイツ人の中にも、物事を深く考えている人とそうでもない人がいるけど、深く考えている人と話すのは楽しいよね。なんでかっていうと、そういう人は考え方が単調じゃなくて多角的に考えるから、僕が持っている考え方について説明すると、それは面白いねって言ってくれる。結局、選択肢を多く持っている者同士で語り合うと、楽しいってことかな。相手と意見がまったく同じだったら、話しててもつまらない。僕が日本人でもあることで、相手の知らない考え方ができるわけで、議論を通して相手に新しい見方を与えることもできるよ

話が通じないって思うことは?

そういう相手もたくさんいる。きちんと説明してるつもりでも、わかってもらえないとか、「ふーん、そうなんだ」とは言うけど、深く考えようとはしてくれないとかね。でも、それは僕の考え方が日本的だから通じないっていうよりも、その人が深く考えたくない人ってだけかな。

キミが日本人だから、「何で日本人は鯨を食べるんだ!」とか非難されたことはある?

ハハハ。まあ、冗談ではね。でも、別に僕を日本の代弁者とみなしてるわけじゃないから、僕を非難したりはしないよ。

そもそも、キミの周りの人は日本に興味持ってるのかな?

そこまで興味持ってないな。もちろん、中には日本に興味のある人もいる。でも、一般的にはどうでもいいというか。ドイツ人って、相手が何人かよりも、趣味が合うか、話が合うか、そっちの方を重視するよね。

私もそんな気がする。ところで、キミはそのうち日本へ帰って生活したいと思っているんだよね?

うん、しばらくの間、日本に住みたいね。

それはどうして?

自分の中にある日本のイメージが合っているかどうか、確認したい。同じところにずっといると飽きるから刺激が欲しいっていうのもあるし。

ドイツが気に入らないから日本に帰りたいってわけではないんだね?

いや、それは違うよ。ドイツで普通にやっていけるし。でも、日本へ行ったら、普通の日本人としてやっていける自信はないな。ドイツ人にしてはマイルドな話し方をする方だとはいえ、やっぱりドイツ人だから、自分の意見は言っちゃうし。

まあ、そうだよね。私なんかは、日本にいるとはっきり意見を言うタイプと思われてるけど、ドイツに来たら別に普通、もしくはむしろおとなしいくらいだもんなあ。

そっちの方向だと問題ないよね。ドイツにもおとなしい人はそれなりにいるから、おとなしくて目立つってことはない。でも、逆は目立つよね。誰も意見言ってないのに、自分だけ言ったらさ。

今まで半分日本人だから得られた考え方って話をしてたけど、具体的にはどういうところがドイツ人と違うのかな?例を挙げられる?

そうだね。まあ、一番の違いはさっきも言ったコミュニケーションの仕方だけど、、、。会話の内容も違うな。ドイツでは学校でもお昼ご飯食べながら政治の話したりとか。

男女関係に関する考え方なんかも、全然違うよね?

それ!まったく違う!日本人の考え方っていうより、アジア的?僕はこっちに住んでるアジア人、中国人とかベトナム人とかの友達がいるんだけど、あいつらは自分の彼女が他の男と出かけたりすると、めっちゃ怒るんだよね。ドイツでは普通のことだけど。でも、僕としては、ドイツ人のやり方は正直、どうなのって思うよ。

え、そう?異性の友達と会ってもいいんじゃない?

いや、普通に会うだけだったら全然いいけどさ、ただ会うだけじゃないこともあるから。女でもね、いろんな男と平気でいろんなことやってるから。

それって、二股、三股かけてるってこと?

そう。しかも、それを大っぴらに言ってるようなヤツもいるんだよ。「モノガミーなんてもう古いよ」とか。それは、日本ではないでしょ、さすがに?

最近、日本に住んでないから私もわかんないけど、芸能人や政治家が不倫でバッシングされるくらいだから、大っぴらに言うことではないだろうね。言ったら、批判されるね。

だよね。僕も批判したいんだけど、みんなやってるから批判できないっていうか、そういうもんなのかなと思ったり。自分はやりたくないし、間違ってると思うけど。

じゃ、そこのところは日本的というか、アジア的な考え方をしてるってこと?

うーん、そうだね。男女関係で自分がなんか複雑な状況に陥ったときに、リベラルなドイツ式の考え方で行くのがいいのか、日本的な考え方がいいのかって考えて。そりゃ、ドイツ式の方が便利だよなとは思うけど、正しいとは思わないっていうか。

なるほど。あとは?

ドイツは全体的にリベラルだよね。日本ではいろんなことに細かい決まりがあるけど、ドイツはあんまりないし。ドラッグについてもリベラル。10年生(日本の高校1年)でタバコとかドラッグやってる生徒とか、必ずいる。

日本でもタバコ吸ってる高校生はいるよ。ドラッグはねえ、こっちの状況はなあ、、、。

タバコは 18歳になれば堂々と吸っていいから、ギムナジウムでは喫煙所で先生と生徒が一緒にタバコ吸いながら楽しく会話してたりするよ。それとか、生徒がマリファナやりながら登校して来て、学校ではハイなの。(笑)いや、ほんとだから。

それ、先生は気づいてるんだよね?

気づいてるに決まってるよ。一度なんか、クラスで演劇を観に行ったとき、その直前にマリファナ吸ってきたグループがいて、やり過ぎたらしくて演劇見てる間に吐いたことがあってさ。さすがにアイツら、次の日、校長室に呼び出されてたけど。校長先生に「君たち、若いからいろいろ試したいのはわかるけどね。まあ、ほどほどにしなさい」って言われて、それだけ。

その、ドイツはリベラルって点ね、私がキミたち(息子と娘)を育ててて、一番困ったことだったんだよね。私は自分では日本人としてはリベラルだと思ってたんだけど、ドイツのリベラルは私の想像を超えてた。あと、自分がリベラルか保守的かって、中心がどこにあるかわかってこそ言えることだよね。中心がここにあるから、それと比べて自分は保守よりだなとか、リベラルだなって思うわけじゃん?でも、ドイツに来たら、どこが中心なのかわかんなくて、自分の立ち位置をうまく決められないんだよね。

へえ〜、そうだったんだ。

私はモノカルチャーの日本人として生まれて、後からドイツという別の文化を持つ社会で暮らすようになって、ドイツ的な価値観をどこまで取り入れるかというのがあった。自分だけのことだったら好きに決めればいい。でも、子育てしてたら、子どもに価値感を伝えていかなければならないからね。日本人だから日本的な価値観を伝えるのか、ドイツにいるからドイツ人の価値観を伝えるのかっていうのが常にあって。でも、ここはリベラルなドイツで、日本的な育児の考え方は通用しないことが多いんだよね。じゃあ、ドイツ式にするかと思っても、そもそもドイツの一般的な考え方が何なのかがわからないとそれは無理だからさ。

なるほど〜。

日本人とドイツ人のハーフとしてドイツで生きるのってどんな感じなのかなあと思ってたけど、今までの話でなんとなくわかった。もちろん、これはキミの場合だから、他のハーフの人にも当てはまるというわけじゃないけどね。

うん、人はそれぞれ違うから。それに、もし逆だったら、つまりハーフとして日本に住んでいたら、この会話は全然違うものになってた可能性あるよね。

そうだね。