人生を形づけた3つの選択 海外在住・フリーランス・アルコールフリー

投稿日:

まったく何の成功もしていないんですが、生きることが楽しいです。

 

TES_9111

 

楽しいと思う理由は、面白いと感じることを毎日、何かしら見つけることができるから。体はあまり丈夫な方ではなく、過去に大きな病気をして辛かったこともありますが、基本的にはあれやってみたい、これやってみたいというのが常にたくさんあって、それを実現させて行くプロセスが大好きです。失敗に終わることも多々ありますが、やってみて失敗なら納得できます。

 

もっともできないことは、「何もしない」ということ。

何もしないのは楽しくないです。

 

私が自らの意思でやっていること(いろいろな勉強とか)について、周囲から「大変ね」と言われることがよくあるのですが、大変という感覚は自分にはなく、「難しい」「忙しい」はあるけれど基本的に楽しいからそれをやっているので、我慢して辛いことを頑張っているわけではないです。チャレンジした結果、楽しいことが待っていると思うからやるし、また、そのプロセス自体も楽しい。

 

楽しく幸せに生きていられるのは、環境に恵まれたことが大きいのだ、自分はラッキーなのだと感謝しています。世界には人が自由を著しく奪われた状態で生きなければならない場所がたくさんあり、そのような場所で生まれなかったことは幸運でした。また、パートナーが私のやりたいことに理解を示してくれるのも大きいです。つくづくそう思います。

 

その上で、自分の生活を楽しいものにするために、いろいろな選択をして来ました。その中で私の人生を形づけたのは以下の3つの選択だったと、今、振り返って言うことができます。

 

1 ドイツに移住した

2 フリーランスという仕事形態を選んだ

3 お酒を飲まない

 

3については、すでにこちらに書いたように、お酒を飲むための時間を自分にとってもっと楽しいことに使うことができているので、良い選択だったと自分では思っています。

 

1については、もともと子どもの頃から「知らない場所へ行ってみたい」という気持ちが強かったので日本を出ました。たまたまたどり着いたのがドイツで、なかなか気に入っています。他の国でも楽しかったかもしれませんが、住んでいないのでよくわかりません。

私にとって生まれ育った日本の外で生活することの一番のメリットは、「日本にいたら経験できないことができる」です。24歳まで日本で生活したので、日本の生活とドイツの生活の両方を体験することができ、2倍楽しいお得な人生になりました。しかし私は欲張りなので、さらに他の国でも生活してみたいんです。(キリがないんですけどね)

また、ドイツ社会は個人主義が強いので、好きなことをやっても周囲からあまりとやかく言われないのがいいです。非倫理的行為や他人に著しく迷惑をかける行為はもちろんダメですが、それ以外のほとんどのことは個人の勝手と放っておいてくれるのが楽で、まわりに合わせるよりも自分のやりたいことを追求したい私には合っています。

 

2について。なぜずっとフリーランスなのか。理由はいろいろあるんですが、端的に言うと「やりたいことがやりやすいから」です。何時から何時までオフィスにいなければならないというのがないだけでも、かなりフレキシブルに時間を調整できます。日本の大学を卒業した後、ドイツの大学やイギリスの通信大学で学んで来ましたが、それが可能だったのはフリーランスだったから。会社勤めだったら(少なくとも自分には)無理だったろうと思います。フリーランスという形態にいろいろデメリットはあっても、やりたいことを我慢するのが大嫌いな私にとって、一番しっくりする働き方です。

 

この3つの選択をしたことで、人生の自由度、楽しさを大幅にアップさせることができたのではないかと思っています。

 

元来、いろいろなことに興味を持つタイプなのですが、その反面、まったく興味のないこともあります。自分にとってメリットがないと感じたことについては、「まわりがやっているから」「そういうものだから」という理由でなんとなくやることはしません。お酒も「自分は美味しいと感じないのに、みんなが飲んでいるからといって無理して飲んでもメリットがない」と思って飲まないのですが、その他にも「テレビを見ない」というのがあります。テレビは自分からつけることはなく、ついていても見ません。テレビを面白いと思わないので、その代わりに他のことをします。

中には面白い番組もあるに違いないとは思うのですが、テレビガイドをめくって面白そうなものをチェックするのが面倒で、その時間ももったいないのでやりません。テレビを見るという行為は、箱の前に一定時間縛り付けられることを意味するので、それも自由がなくて嫌です。でも、ネットが普及してからはYouTubeで視たいものをピンポイントで見ることができるようになったので、最近はネット上で興味のある番組(ドキュメンタリーとか)はたまに見るようになりました。ラップトップなら持って移動できますし。

 

一言でまとめると、やりたいことは我慢せずやり、面白く感じないことをなんとなくやらない

これだけで十分楽しいです。結果として成功するかどうかは別の次元の話ですけどね。